乗り物酔いと酔い止めとアルコール



小さな頃は、両親の運転する車によく酔っていた私…。
自分で運転するようになると酔わなくなっていたため、すっかり酔うなんてこと忘れていました。
思えば、新婚旅行でしたハリバット・フィッシングで酔い、
カナダ、キャンベルリバー近くでのサーモン・フィッシングで何度も酔い、
名古屋→仙台のフェリーで酔い…
船ではやっぱり酔うんだ…そんな思いでいました。

サーモン・フィッシングも、2度目以降は酔い止めを飲んで臨んだんです。
もちろん、サーモン・フィッシングは酔うこともなく無事に終了しました。
でも、一つ問題があるんです。
その夜、アルコールを飲むと、電池が切れたかのように、ばたっと寝てしまうこと…。
それも、本人の起きていたいという意志ではどうしようもないくらいなんです。
別に早くにばったりと寝ちゃってもいいんですが、それって身体に悪いんじゃ…?
って思うんですよね…。

ということで、アラスカ、ヘインズでのフライトシーイングでは、
酔い止め飲むのをやめました。
というのも、フライト後、長距離(というほどではないですが…)の車の移動もあり、
2人で運転できた方がいいし…。
(酔い止めを飲んでの運転は危険なのでやめましょうと書いてありますよね。)
それに、その日の夜、地ビールを飲むのを楽しみにしていたからなのです。
で、どうなったかというと、見事に酔い、人のいないヘインズ空港のトイレで吐く羽目に…

で、今悩んでいるのが、今年のフライト・シーイングはどうしよう…ということ。
もちろん、飛べるかどうかは天候次第なのですが、飛べることになったら、
酔い止めを飲むかどうか…。
ヘインズのフライト・シーイングは1時間。
私たちが考えている今年のフライト・シーイングは2時間。
飛ぶ場所は、前回とほぼ同じような条件(氷河を見て、山々を越え…と言うかんじ)なので、
揺れも、同じようになることが考えられます…。
ということは、確実に酔うことでしょう。
病は気から…だから酔うんじゃない?
そう思われるかもしれませんが、私は飛行機では酔わない…
そう思って前回乗ったんです…それでも酔ったんです。
1時間のフライトでも酔ってしまって後半は楽しめませんでした。
今回はどうしても楽しみたいんです!
だから、今回は酔い止め飲みます!



|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |