再会



1年ぶり、4回目のフィッシュクリークでの初日
いつものように駐車場で三脚にレンズを取り付けカメラを装着
担いでボードウォークへ…

初日なので入り口でパスを購入し、ボードウォークの中へ
周りを見ると、ざわざわした感じもなく、みんなボーっとしているので
「クマさんはいない」と察した私はいつもの場所へ…

いつもの場所というのは、ブルーラグーンと呼ばれる場所の正面で
ボードウォークが広くなっていてベンチもある場所です
クマさんが川から来ても、ブルーラグーンから来ても見やすく、
ベンチで休むこともできるし、いい場所なのです(笑)

その途中で、去年もいた女性を発見
「覚えているかな〜?」なんて思いながら歩いていると
目が合ったのでにこっと笑いかける程度で定位置へ…

三脚を置いて一息ついたところでその女性が足早に私のほうへ向かってきた
「私、あなたを覚えているわよ〜」と

私は英語が苦手なので、あんまりおしゃべりをしたりはしていないのだけれど、
去年、Moeがぶんぶんうるさかったムシを仕留めたときにちょうど
その女性とダンナさんが隣にいて「Good job!!」と言ってくれたり
「グリズリーが来てるらしいよ〜」と声をかけてもらったり…

横に立てた三脚のほうを指差し、
「あなたとこのレンズを覚えていたのよ〜」と
確かに、男性で大きな望遠レンズを担いでいる人はいるけれど、
女性でここまで大きなレンズを担いでいる人はなかなかいない
だから目立つのかもしれない…
でも、2年ぶりに行ったヘインズの魚屋さんでも覚えてるって言われた ことあるんだよね…
私って、そんなに目立ってるのかしら…?

他にも、多分4回とも会っているおばあさんとか、
毎回いるレンジャーさんとか…
向こうが覚えているかどうかは分かりませんけどね

まったく別の国から来た人間が同じ時季に同じ場所にいるって
絶対同じ趣味(クマさん大好き)の持ち主なんだから
お友達になれるかもしれないのに…
私がもう少し英語が苦手じゃなく、おしゃべりできたらいいんだけどな〜(笑)


△ Top   

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |