Menu

1日目

仙台 〜 一戸 〜 久慈 〜 田老町

2日目

田老町 〜 釜石市

3日目

釜石市 〜 仙台

Travel Photo


東北 Tohoku
 

滝 Waterfalls

旅のオススメ

るるぶ東北(’05〜’06)
るるぶドライブ東北(’05〜’06)
岩手(2006)
るるぶ秋田(’05)

旅の宿


ペンション パルカーム
(田老町)
釜石ベイシティホテル
釜石ベイシティーホテル
(釜石市)
私たちの感想と 写真はコチラ


3日目


さあ、最後の日です。この日 も、特に行くところは決めていませんから、海沿いを南下しながら、仙台へ向かいます。朝食をとりながら、どこに行くか相談です。とりあえず、碁石海岸に向 かうことにして、ホテルを出発。その途中で、穴通磯というところを見つけ、立ち寄ってみることに…。

駐車場から、展望台までは、また階段です。(三陸海岸の観光地は、階段ばかりです。)この展望台では、浜に打ち上げられる波が音が響いてくるのですが、こ の音が、まさに、ザルの中で小豆をゆっくり動かしたような音なのです。碁石海岸から、この辺りは、名前からも分かるように、黒い碁石のような玉砂利で浜が 出来ているようです。(写真からは分かりにくいのですが…)だから、そんな音が聞こえるんでしょうね。


澄んだ海に、3つの大きな穴のあいた岩がありました。見て みて、「そのまんまじゃん!」って感じですが、これが穴通磯です。しばらくの間、写真を撮ったり眺めたりしていると、どこからともなく、ボートが何艘も やってきて、真ん中の穴を、向こう側へ通っていきました。そして、全ボートが通り終わると、今度は、向こう側からこちら側へ穴を通ってきて、乗船している 人たちは、こちらに向かって手を振っていました。このボートにも乗れば良かった???

その後、碁石岬の方へ…。でも、こちらは、水族館などがあって、さすがに車が多く、駐車場にも入れないような状態。待っていれば、入れたのかもしれないけ れど、私たちはやめておくことに…。



その後も、海沿いを南下していたのですが、種山ヶ原という ところの写真を見ると、広い草原に、馬が走っているものがあって、それを見たくて、急遽、海沿いを南下するのをやめ、内陸へ入っていくことにしました。と ころが、実際に行ってみると、馬が見えるところが分からず(道の駅で地図を見ても、そんなところ無さそうだったし…)、道の駅種山ヶ原で昼食をとること に…(>_<)ヽ

仕方がないので、その後は、途中で見つけた滝観洞というところへ行ってみることに。調べてみると、どうやら、鍾乳洞の奥に、滝があるらしく、ワクワクしな がら行ってみると…。ちょっとさびれた観光地…という感じ。


入洞券を購入すると、その横でヘルメットの貸し出しがあ り、必ず、着用してください…と書かれていました少々の不安を抱きつつも、2人でヘルメットをかぶり、入口へ…って、中腰でしか通れない…まさか、ずっ と、こんな格好で…?と思いつつ、中へ進んでいくと、ちゃんと立てるところもある。でも、狭いところは、しゃがんで、さらに頭を低くすれば通れるところと かが何ヶ所も…。

とにかく、ヘルメットは、必需品なのです。何度、頭を打ったことか…。ついでに、背中にもプロテクターが欲しいぐらい…。880mの、長いこと…こういう 時だけは、背の低い人が羨ましかったりします…。(私は、女性の中では、高い方なので…)




天の岩戸の滝と呼ばれているこの滝は、洞窟内にある滝で は、日本一なのだとか…。高さ29mの滝らしいのですが、滝の上部は、暗くてよく分かりませんでした…。入口から、滝までは、ほとんど高低差はないと思い ます。真っ暗なところとかもあって、足元も滑るし、結構怖かったかも…。でも、苦労して、880m歩いてみるのも、なかなか楽しい経験でした。探検気分を 味わうには、充分です。ただ、『鍾乳洞』を見たい方には…オススメしませんが…。

帰り道、ヒールの女性とすれ違いましたが、ある意味、尊敬します…皆さんは、かっこわるくても、長靴を借りることをオススメします。


すぐ隣にある、白蓮洞にも行ってきましたが、滝観洞より短 くて、確かに鍾乳洞には違いないんだろうけど…って感じでした。いわゆる『鍾乳洞』を見たい方は、同じ岩手県内にある、『龍泉洞』に行くことを強くオスス メします。

その後は、時間も時間だし…ということで、仙台へ直行…帰宅となりました。今回の旅は、海の幸を堪能するって事でしたが、釜石で食べた物は、本当に美味し かったです。もう一度行きたいな〜♪でも、三陸海岸の観光は疲れました。どこに行っても、階段の登り下りですからね…。それに、3日目には、何となく海の 景色にも飽きてきて…、私たちは、やっぱり山とか川とかの方が好きなのかもしれません…。



△ Top  

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |