Menu

Map

1日目

自宅 〜 釧路 〜 阿寒湖

2日目

阿寒湖 〜 網走湖

3日目

網走湖 〜 ウトロ

4日目

ウトロ 〜 羅臼 〜 根室

5日目

根室 〜 釧路 〜 自宅


2日目


5:30頃目を覚ますと、割といい天気。昨晩降っていた雪もすぐに止んだようで、積もってはいない。すぐに着替え、ホテルの 目の前にある阿寒湖畔の散歩に出かけた。(昨日は雨のために行けなかったので…)ガイドブックには、この温泉街には鹿がいっぱいいる…みたいなことも書かれていたので、期待して行った。

さすがに、昨晩雪が降っていただけのことはあって、寒い!
おまけに道路は、所々凍っていて、とてもGWと は思えない。でも、歩いていると、冷たい空気が気持ちいい。旅行に出かけると、朝食前にお散歩することが 多い私たち…。コレをすると、朝食を食べ過ぎちゃうんだけど…笑。


湖では、太ももまで水に 浸かって釣りをしている姿もちらほら…。釣りが好きな私たちでも、この寒さではちょっと…と思うほど…見ているコチラが寒くなってくる…。湖畔の遊歩道の 両脇には残雪がまだいっぱいなんですよ!釣れてたのかな〜?

湖畔には、ホテルがたくさん建っていて、『あのホテルの方が景色が良さそうね。』なんて言うと、『そう言えば、前来たときにもそう思った…。』なんてMoeが言い出し、『そう言えば、前はココに泊まったんだ。』 と、記憶がよみがえってきたようだった。10年ぶりくらいの北海道は、
Moeの目に どう映っているのだろう?懐かしいのかな?



朝食の時間に合わせホテ ルに戻り、すぐに朝食に向かう。もちろん、おなかはペコペコ。たっぷり朝食を食べ、すぐに出発することに…。今日から滝めぐり開始なので、楽しみで仕方が ないのだ…笑。

まずは阿寒湖からも近い、最初の目的地、白藤の滝へ向かう。
R240からR241へ入り、無事看板を発 見。ところが、入り口からはすぐに雪道になり、深いわだちが…。車高の低いレンタカーではムリ…ということで、邪魔にならないように車を停め、歩 くことに…。どこをどうやって行けば滝に行けるのか分からないが、踏み跡が付いていたので、それを目印に歩くことに…。


カメラバックを背負い、 三脚を持ち、意気揚々と踏み跡をたどっていったが、あっという間に踏み跡は無くなってしまった。(→の写真がココの写真です。)確か、入り口から車で少し 走ったところに駐車場があって、そこから歩く…という説明を読んだような…。歩きにくいし、どこに向かって歩けばいいのかも分からないし、諦めて次の滝に 向かうことに…。

次は鹿鳴の滝。『次こそは…』と思い車を走らせる。
R240を北上すると道の駅あいおいを発見。トイレ休憩も兼ねて停車 すると、廃線になった鉄道の駅が残っていました。ちょっと見て回りましたが、寒かったので、すぐに出発。




R240から県道51に 入り、県道682へ…。ところが、通行止めという工事看板を発見。仕方がないので、R240まで一旦戻り、県道494からアプローチすることに…。しばら く走ると、やはりコチラにも通行止めの工事看板を発見。具体的な地名が書かれているものの、いまいちよく 分からないので、とにかく行ってみようとMoeは車を 走らせた。

ダートな道になったところで、『ダメだ…完全に通行止めだよ…。』と
Moeが指さ す方を見ると、道路にはバリケードが…。2つ目の滝にも失敗し、この先の滝めぐりが心配になってきた。


落ち込んだ私を横目にMoeは『大丈夫、オシンコシンは絶対見えるから(笑)』などと言っている。ここからの行き先はMoeに任せる。だって、今日の滝めぐりの予定は、この2ヶ所だったんだもん(泣)ところが、R240へ戻る途中キツネを発見し、『滝が見れなかったから、キツネが見れたんだ!』と、すっかり私は興奮状態に…。 でも、キツネを見たのはこれが最後。写真に撮ったのもコレが最初で最後でした。

この後、
Moeは前日に行った屈斜路湖(前日行った場所とは反対側)に行くつもりだったらしいが、天候がだんだん思わしくなくなってきたので、神の子池に行き、ついでに裏摩周にも行ってみること に…。




途中、飲み物を調達するために入ったコンビニで、ジンギスカンを見つけ、『これって、北 海道限定?』などと言いながら購入。神の子池に行く途中で食事をするつもりだったので、それだけ購入し再出発。(残念ながら、途中食事をする店を見つけら れず。)

神の子池の看板を見つけ、ダートな道を少し走ると広い駐車場に到着。ここで、10人前後の若者が騒いでいた。話を聞いていると、どうやら男の子2人が神の 子池に飛び込んだらしい。着替えているところだった。『湧き水だから、そんなに冷たくないんじゃない?』という
Moeだが、触ってみると、かなり冷たい。もちろん、池の周りにはしっかり雪が残っているし、風も強い。


神の子池、皆さん写真な どでもご覧になったことがあることと思います。とってもきれいな色をした小さな池なのです。晴れていて、風がなく、水面が穏やかな ときの写真、とってもキレイですよね。実際に見たら、きっと息をのむような美しさだろうと…。でも、私たちが行ったときは曇っていて、風が強かった…。 『これが神の子池?』と思うくらいの別世界でした(笑)もちろん、キレイでしたけどね…♪

『晴れてないとダメだね…。まあ、今回は下見旅行(何の?)だから、また今度ね…』と、
Moeも諦め 気味の発言。仕方なく裏摩周へと向かうことに…。




Moeが『お 気に入りの場所』という裏摩周の駐車場に到着すると、気のせいか(笑)、雪がパラパラしている…。それでも、上着を着込み、展望台へと向かう。駐車場はキレイに除雪されているが、そこから展望台までは 雪道。距離は短いが、坂道なので、ズルズル滑りながら展望台に到着。

予想通り、霧が発生していて、何も見えない。『う〜ん、何にも見えないね…。』の言葉通り、昨日見えていたカムイシュ島も見えない。寒さに耐え、写真を 撮ったところで引き返そうとすると、『晴れてきた!』と
Moeが嬉し そうに声を上げたので、振り返ってみると、みるみる霧が晴れてきて、本当にカムイシュ島まで見えるようになってきた…でも、やっぱり風も強いし、早々に撤 収!


斜里岳の向こうに見える 海を眺めながら来た道を戻り、本日の宿泊地、網走に向かう。

途中の海沿いの道路には、原生花園などもある。花は咲いてないだろうな…と思いつつも、一応寄ってもらう。天気が良くて、お花がいっぱい咲いてたら、キ レイなんだろうな〜なんて思うが、言っても仕方のないこと…。網走に行けば、ミズバショウが見えるんだし…と自分に言い聞かせる。

それにしても、ココも寒い!荒れた海が余計に寒々しい…。




海沿いをしばらく走った 後、宿泊するホテルのある網走湖の方へ向かう。地図によると、網走湖の周辺にミズバショウの群落地が数ヶ所あるみたいだったので、 行ってみることに…。ところが、地図に書いてある場所に行っても、入って行けない様な場所だったので、途中の道沿いで見つけた場所に戻って少し見ること に…。まだそれほど遅い時間ではなかったにもかかわらず、曇っているせいで、かなり薄暗い…。

その後宿泊するホテルに向かう。部屋からは網走湖が見えるのだけれど、天気が悪くて、イマイチ…。


またしても、雨が降り出 していたので、どこにも行かず、お風呂に入り、夕食をいただく…。ビールはそんなに飲んでいないのにもかかわらず、朝早かったのが ひびいたのか、部屋に戻ると、睡魔が…ということで、あっという間に寝てしまうという、健康的な(?)1日だったのでした。

夕食には、魚介(ホタテや鮭など)の入った鍋が出た。その中には、牡蠣も…。私は、一度当たって(?)から、食べられなくなっていたのだけれど、(毎年 チャレンジしてるのですが、ずっとダメだった)旅行2泊目のこの日、果敢にも牡蠣を食べるというチャレンジを…(笑)まあ、ひとつだったからか、大丈夫で した。(
Moeも 同じようなカンジでしたが、Moeはチャレンジしませんでした。)



△ Top  

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |