Menu

Map

1日目

自宅 〜 釧路 〜 阿寒湖

2日目

阿寒湖 〜 網走湖

3日目

網走湖 〜 ウトロ

4日目

ウトロ 〜 羅臼 〜 根室

5日目

根室 〜 釧路 〜 自宅


4日目


朝、やっぱり早起きした私たちは、外の景色をまずは眺める。やっぱり曇っている。でも、昨日のように霧は出ていない。雨も降ってい ないし、今日こそは、観光船に乗れるだろうか?

ホテルの窓からは、こんな風にのんびりしたシカの姿も見られた。散歩している人たちもいたが、私たちは観光船に乗りたいので、
とにかく早く朝食を済ませ、出発しようと言うことになる。

ところが、朝食を食べに行って みると、観光船は朝イチの便は欠航だとホテルの人が案内していた。う〜ん、どうしよう?


ウダウダ考えていても仕方がないので、とりあえず時間をつぶして、2便め以降に乗れるようにしようということになる。

まずは前日、霧のために見られなかったフレペの滝に再度行くことにする。前日、フレペの滝周辺でシカをたくさん見たので、珍しくはないが足跡の記念撮影 (笑)。(カナダでも同じようなコトをした写真がありましたが、その時も確かシカでした。)

ところが、この日は霧は全く出ていなかったが、シカにはほとんど会えませんでした。時間によっている場所が違うのかな?



前日、全く見えなかったフレペの滝も、今日は霧もなくキレ イに見えました。ただ、水量が少ないので、この写真では、分かりにくいですよね…。

上流に川があるわけではなく、伏流水が断崖の途中から流れ出している滝で、この時はホントちょっとしか流れていなかった。別名『乙女の涙』と言うらしい が、ホント涙ほどだった。

それほど海が荒れている様子もないし、観光船も運転するかもね…という期待を胸に、私たちは知床自然センターへ戻った。ところが聞こえてきたのは『午前中 の観光船全便が欠航した』という悪いニュースだった。


私たちはこの日、知床半島の反対側(羅臼)に行き、根室ま で行く予定にしていた。今日開通する予定だった知床峠が雪のため開通しなかったので、遠回りしなければならないし、午後まで待っていたら、羅臼は諦めなけ ればならない。それに、午後まで待っても、観光船が営業する保証はないし…。私たちは、結局観光船に乗るのを諦めることにした。

私たちは、もう 一度オ シンコシンの滝上部に行くことにした。天気は相変わらず良くないが、昨日より、水平線はくっきり見えていた。滝の下では、観光客が多かったので、その写真 も…(オンマウス)。この写真で分かるかな?




その後、いったん斜里の街の方へ戻り、根北峠を通ることに する。知床峠が通れないせいで、かなりの遠回りになった。でも、峠のこの雪景色!そりゃ、知床峠は通れないでしょうよ。この峠を通っているときも、雪が 降っているのでした。

途中、第一機品川橋梁(コンクリートのアーチ橋)を見て、『鉄道用に作られたんだけど、結局、使われることはなかったんだよ。』というMoeの説明を受け る。ただ、寒くて、あっという間に車に避難。その後の説明は車中で…ということになった。


その後、途中にあった金山の滝を見に…。道路からすぐの所 にあるのだけれど、雪が積もっているので、ズボズボと雪の中を歩き、滝の見えるところまで行く。もちろんフェンスは半分以上雪に埋まっているので、その役 割を果たしてはおらず、少々怖いくらい…。

もちろん、ココも寒いので、あっという間に車に戻る。寒いのは覚悟していたが、ココまで雪に降られるとは、正直あまり予想していなかった。(だから、昨年 のGWは鹿児島に行ったんだけど…笑)

そして、私たちは羅臼に向かった。




羅臼では、とりあえず市場のような所に行き、カニを見て 回った。もちろん、買うつもりはなかったが、お店の人たちは試食をさせてくれて、熱心にカニを勧めてくれる。買うつもりないのに、そのおいしさに、ちょっ と心が揺れる…。(笑)

その後ガイドブックに載っていたお店で、トドとクマのお肉を食べることにした。Moeがトド、私がクマ(オンマウス)の定食をオーダー。少しずつ交換して 食べたが、トドの方がクセがあって、お肉がちょっと硬かった。クマの方はというと、クセがあるのかな…?と思っていたが、意外にクセはなく、お肉も柔らか く、私はクマの方が好きだった。(この写真では、トドもクマも同じに見えますね…笑)


昼食を食べた私たちは、羅臼より先(北)の相泊に向かうこ とに…。ここも、滝が目当てで行った場所だ。道路は相泊で行き止まりになっていることもあり、走っている車はほとんどいない。海岸沿いには漁師小屋(?) がいっぱい並んでいるが、強風と雪のせいか、人はほとんどいない。

本格的に雪が降り始めた中で、私は目的の滝、せせきの滝でアングルを変えたりしながら、しばらく写真を撮っていた。すぐ後ろは荒れた海。強風が吹き付ける 中、かなり我慢して撮影していた。もちろん、Moeは車から一歩も外に出てくることはなかった。手がかじかんで、感覚がなくなってきたところで撮影終了。 せっかくなので、道路の行き止まりまで行ってみることに…。




これが行き止まりの所にある民宿で、クマラーメンとか、ト ドラーメンとか、馬鹿ラーメンとかがあるらしい。Moeはこのお店に3回くらい来たことがあるらしく、『シカ刺しは食べた憶えがある。』ということだっ た。ここで昼食…でも良かったのだが、クマもトドも、ラーメンにしなくても…という私の思いで、上述のお店に入ったのでした。

で、元来た道をひたすら戻り、今日の宿泊地、根室へと向かった。途中、標津にサーモン科学館があるので、時間があったら寄ってみようということにして、ど んどん南下する。雪は降ったまま…。


標津に到着したときには、割と時間もありそうだったので、 サーモン科学館に寄ってみることにした。いろいろな、サケ・マス系の魚が集められていて、かなり面白い。標本を見ては、『私が釣ったのは、このくらいだっ た!』とか、何とか…(笑)

中には、大きなイトウが窒息して死んだという標本があった。何故窒息したか…その標本を見れば分かるんだけど、むちゃくちゃ大きな魚(確かマス系)をひと 飲みにしようとしたからで…そりゃ、窒息もするでしょうよ…という大きさでした。残念ながら、その写真は撮ってません。




で、存分に楽しんだ私たちでしたが、気がつくと、2時間近 くもサーモン科学館にいたため、時間があったはずが、いつの間にか時間もなくなってきていて…。急いで今夜の宿、根室へと向かったのでしたが、宿に着いた ときには、もう暗くなりかけていたのでした。

根室に宿を取ったのは、花咲ガニが食べたかったから…。でも、残念なことに、脱皮時期だったみたいで、ちょっと…(泣)味はまあまあだったんですけど ね…。



△ Top  

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |