Menu

Map

4ヶ月前〜 準備(予約編)

1日目 仙台〜Banff

2日目 Banff

3日目 Banff〜Jasper

4日目 Jasper

5日目 Jasper

6日目 Jasper〜Lake Louise

7日目  Lake Louise〜Vancouver

8日目  Vancouver〜仙台

Travel Photo


The Canadian
Rockies
 

旅の宿

Bow View Motor Lodge

Patricia Lake Bungalows

Lake Louise Inn

Blue Horizon


1日目


長い一日の始まり。時間までゆっ くり寝ていればいいのに、Moeは早くから起き出して、なにやらゴソゴソしている。結局、Kayも早くから起こされてしまった。名古屋空港での乗り換えの ためには、朝一番の名古屋行きの飛行機に乗らなくてならない。これで行くと、6時間ぐらいの時間が空くけれど、MoeとKayの両親に空港まで来てもらっ て、プチ帰省。

何はともあれ、仙台空港へ車で向かい、まずは1本目の飛行機に乗り込む。1時間の飛行時間。仙台を出たのが、朝早かった…と言うのもあるけれど、名古屋空 港に着いたときの、あの暑さ!!!久しぶりに感じた、蒸し暑さ。MoeとKayの両親と会い、お茶を飲み、お昼ご飯を食べ、6人でしばらく雑談。


これで、今年の夏は名古屋へは帰らない(帰りたくない…わ ざわざ暑いところに行かなくても…)から、せめてもの、親孝行???

カナダからの飛行機は、14:45着の予定が15:59着に変更となっている。帰ってくる飛行機が、この時間に着いたら、仙台行きの飛行機には間に合わな いよね…なんて言いながら、両親達には帰ってもらった。(そんなに長時間いるのも疲れるだろうから…)

暇だね〜なんて言いながら、仕方がないので、暇つぶしに両替してもらいに行くことにする。C$200だけ両替してもらい、早いけど、中に入ろうかというこ とになり、免税店なんかを覗いたりする。




出発予定の16:15になっても搭乗できない。バンクー バーでの乗り換えは大丈夫なのかしら…。まあ、何とかなるとは思うけどね。そんなこんなで、搭乗できたのは、17:00頃。結局、動き出したのは、17: 30過ぎ…って1時間以上遅れてるやん!でも、バンクーバーでは、2時間以上時間があるし…なんて思いながら、2本目の飛行機は出発。

座席は、非常口の所。はじめに、『英語話せる?』と聞かれた後、非常口の開け方を説明される。ここって、ちょっと広くて、いい感じ。前の席についたテーブ ルと、自分たちの座席のシートに着いた肘掛けの中に入ったテーブルと、2つとも開くと、広くていいし、足も伸ばしてられるし、ラクチン。


1時間ほどで、スナックと飲み物が出てきた。その後夕食。 Moeはシーフードライス、Kayはチキンのトマト煮をチョイス。その他には、春雨のサラダ、おそばがついてた。食べたら寝たいので、2人ともビールを飲 む。

寒くて何度か起きた。非常口って、他の壁に比べると、冷たくて、冷気が漂ってくる。広くていいけど、それだけがちょっと難点…。

7時間ぐらい経ったところで、朝食。2人ともオムレツをチョイス。窓からは、気持ちのいい光が差していたけれど、ここは雲の上…。地上に降りた後も、同じ 日差しがあるといいよね…なんて話しながらの朝食。




その後、だんだん高度を下げていき、バンクーバーに到着。 1時間20 分ぐらい遅れで出発し、到着はほぼ1時間遅れぐらいの10:15頃…。聞いてもどうにもならないと分かっているけど、乗務員に乗り換えの話を聞いてみる。 ほとんどのアジアからの便は、もう到着しているから、大丈夫でしょうって…。

急いで入国審査へ…って、大行列!!!列に並んで待つが、全然進まない…。同じ便で来たと思われるツアーの団体は、次の便に間に合わないのか、フリーパス で行ってしまった。団体だと、次の便に…って訳にもいかないか…なんて思いながら、MoeとKayは待つ、待つ、待つ…。


バンクーバーの空港って、こんなカンジだったっけ?なんて 言いながら待つこと1時間弱…。入国審査を済ませ、荷物を探し、乗り換え…。途中のカウンターで、どこのゲートへ行けばいいのかを聞き、急いで行ってみ る。私たちが乗るはずだった便の、次の便のキャンセル待ちをする事に…。何人も名前が呼ばれていく…。日本人が多い。同じ便だった人たちもいる。でも、私 たちは呼ばれることはなく、飛行機は行ってしまった。

乗れなかった…。アナウンスでは、次の便のゲートナンバーを言っていた。その指示の通り、次の便のゲートへ…。この便には何とか乗ることができ、結局 11:00発に乗る予定が、13:00発(だと思う…)に。それも、席は離ればなれ…。いいけどね…、1時間ぐらいだし…。これが、本日3本目で、最後の 飛行機。




この飛行機は、滑走路まで行くと、離陸のOKが出るのを 待っているのだろうけど、20分も滑走路で止まっていた。離陸してしまえば、ほぼ1時間のフライトなのに…時間のかかることで…。途中で、ローストビーフ のサンドイッチと、豆のサラダが出てきた。MoeもKayもペロリと食べてしまった。

カルガリーに着くと、まずはレンタカーを借りに行く。今回は乗り慣れた4WDの車を借りることにしたけど、予約した車かどうか…。前回は、予約していた車 がなかったし…。そんなことを言いながら、カウンターまで行く。予約時に受け取ったFAXを見せると、とってもスムーズ。ナビをつけるかどうか…なんて聞 かれたが、Moeは初めてじゃないし、『大丈夫よね。』ってことで、ナビは無しにした。


うちから持ってきたCDをかけながら、カルガリーからバン フへ向かう。飛行機でランチを食べたにもかかわらず、Moeはお腹が空いたというので、途中のケンタッキーへ入り、車で食べながら行くことに。

雲は多いけど、いい天気のうちにはいるだろう。カルガリーからしばらくは、街の中を走り、途中、オリンピックで使用された、スキーのジャンプ台なんかを見 ながらのドライブ。その後、ほとんどまっすぐな道が続き、バンフに近づくにつれ、険しい山が見え始める。いよいよカナディアン・ロッキーに来たんだな〜っ て実感。

バンフの手前には、ゲートがあり、ここでパスを購入。対向車はずいぶん多いのに、こちらの車線は車が少ない。時間もだいぶ遅くなってきてるからだろう か…?




バンフに着いて、まず行ったのは、ボウ滝。もう日も傾いて いて、観光客も少なく、静かだった。その後、バンフ・スプリングスのコースの横を走る道をドライブ。その後は、明日の乗馬の支払いとチケットの受け取りを しに行かなければならないので、ホテルへ。

チェックインした後、街の中にあるショップへ向かう。乗馬の支払いを済ませ、街中をブラブラする。その後、スーパヘ向かい、晩ご飯のお買い物。サンドイッ チと、 サラダを晩ご飯用に買い、明日の朝食と、スナック、それから飲み物も購入。支払いはデビッドカード(マエストロだっけ???)で。現金持たなくていいか ら、ラクチンだよね…って、この時には、シティーバンクのキャッシュカードは使えたんだよね〜。


ホテルへ戻り、晩ご飯。本当は、その後休むつもりだったの に、まだ明るかったので、散歩にでも行こうかってことになり、ボウ川沿いを駅の方に向かって歩いた。そうしたら、なんと、駅のところで、線路を渡っている 動物を発見。それも、群でかなり多い。ただ残念なのは、もう日が山の陰に入ってしまった時間で、写りが良くないって事。

だんだん暗くなってきたし、明日は1日乗馬だし…ってことで、ホテルへ戻り、長い1日は、これでおしまい。







|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |