Menu

Map

4ヶ月前 準備(予約編)

1日目 仙台〜Banff

2日目 Banff

3日目 Banff〜Jasper

4日目 Jasper

5日目 Jasper

6日目 Jasper〜Lake Louise

7日目  Lake Louise〜Vancouver

8日目  Vancouver〜仙台

Travel Photo


The Canadian
Rockies
 

旅の宿

Bow View Motor Lodge

Patricia Lake Bungalows

Lake Louise Inn

Blue Horizon


7日目


夕方、カルガリーからバンクー バーへ戻る日、旅もあと少しで終わり…そんな、ちょっと寂しい気持ちでのスタートとなった。朝食は、『別の場所で…』というMoeの提案で、ホテルを8: 00前に出発。何度か来ているMoeには、お気に入りの場所でもあるのだろう… と、ホテルのチェック・アウトを任せ、私はホテルの周りで写真を撮っていた。雲は多いけど、そんなに悪い天気ではない…と言うか、今までの天気と比べれ ば、ものすごくいいくらい…(笑)

『ねえ、モレイン・レイクとか、もう一度行ってもいいんじゃない?』と提案するも、『いい場所があるから…』といった感じで、レイク・ルイーズなどとは反 対方向へ車を走らせるMoe。


少し走ったところで、『はい、到着。レイク・ルイーズのス キー場だよ。』と、車を停めた。『何故スキー場?』とも思ったが、まずは朝食。(笑)スキー場のダイニングで、食べることに…。私がオムレット(オンマウ ス→)、Moeはオーソドックスな朝食。これでもかって言うくらいポテトが付いていたんだけど、『くるし〜!』といいながらも、完食(笑)。カナダで食べ る ポテトは、ホント美味しい。山盛り出てきても、ついつい食べてしまいます。

朝食を済ませた私たちは、そこからゴンドラに乗って、スキー場の上へ…。だんだん、高度が上がってくると、景色がどんどん良くなってくる。で、しばらくし たところでふり返り、『ほら、アレがレイク・ルイーズだよ!』と、Moe…。




『おお〜、昨日よりも、天気いいじゃん!』昨日は、雲に隠 れていた氷河が、今日はハッキリと見えている。『今日なら、モレイン・レイクのテン・ピークスも、キレイに見えたかもよ…?』と言ってみたが、『ココもな かなかいいよ!』との返事。さあ、上からは、どんな風に見えるのでしょうか?(笑)期待して待つこと数分…上の駅に到着。

上からは、レイク・ルイーズを見下ろす感じで、なかなかいい♪もちろん、遠いのは仕方がないとしても、湖と氷河と山、その周辺の針葉樹林の景色は素晴らし い。宝石のような…と例えられるのもうなずける。


このゴンドラの駅からは、ガイド付きのトレッキング・ツ アーなどもあったが、私たちは2人でのんびりトレイルを歩いたり、コーヒーを飲んだりしながら、しばらくこの景色を眺め続けた。雲の影がかかったり、太 陽の光が差し込んだり…その時々で、色がクルクル変わる様は、見ていて飽きなかった。写真も、ついつい何枚も撮ってしまった(笑)そして、1時間ちょっと したところで山を下りることにした。

下に降りたところにあるおみやげ屋さんで、Tシャツや、ピンバッジなどを購入し、次なる目的地、ジョンストン渓谷へ向かうことに…。ジョンストン渓谷に行 くと決めたのは、滝があったからなのですが(笑)、水の流れが本当にきれいな渓谷です。




レイクルイーズからは、1Aをバンフに向かって走ります。 途中、キャッスル・マウンテンのビューポイントで写真を撮りながら行き、スキー場から、渓谷まで約1時間のドライブ。11:30頃、ジョンストン・キャニ オンに到着。カメラを持って出発です。

渓流沿いのトレイルは、本当に良く整備されていて、傾斜も穏やかなので、かなり歩きやすい。ただ、写真(→)でも分かると思いますが、絶壁に取り付けられ たキャット・ウォークのような所もあり、なかなか楽しめます。(落ちたら確実に死にます…笑)高所恐怖症の方には怖いかも…。でも、それ以上に、水の色の 美しさと言ったら…。本当にキレイでした。


この渓谷には、メインの2つの滝(Upper FallsとLower Falls)の他にも、名前のない滝がいくつかあり、とても楽しめます。確か、Upper Fallsまで片道2.7km。その先もトレイルは続きますが、私たちはバンクーバーへ戻らなければならないので、時間がありません。もちろん、 Upper Fallsで引き返します…滝目当てですから…(笑)。

Upper Fallsへ向かう途中、Moeが木々の向こうに鹿を見つけたので、立ち止まって見ていると、後からやってきた人が『何なに???』という感じで集まって きたので、『木の間、向こうの方に鹿がいるんですよ。』とMoeは教えてあげた。でも、私たちは、先を急ぐし、写真を撮ろうにも、木が邪魔してなかなか撮 れないので、Upper Fallsに向けて、すぐに歩き始めた。



Upper Fallsの目の前は、足場のような狭い通路になっていて、順番に行き止まりまで行き、写真を撮ったら交代…といった感じで、ゆっくり出来なかった。で も、なかなかキレイな滝だったので、満足して今来た道を戻る。

お互い写真を撮ったりしながら、ちょっと離れて歩いていたとき、『さっきはありがとう♪』と、前から来た年配の女性に声を掛けられた。『どういたしまし て。』と言うと(英語では、それが限界…笑)何やら、先ほどの鹿の話を始めた。どうやら、大変感動されていたようで、コチラまで嬉しくなってきた♪いいこ とをしたな…なんて思ったが、鹿を発見したのも、あそこにいるよと説明したのも、私ではなく、Moeでした…(笑)


約2時間、のんびりしたトレッキングを楽しみ、駐車場へ 戻ってきたのは13:30頃だった。渓谷入り口にあるカフェで昼食を…と思い、カフェのウッドデッキに目をやると、なんと満員ではないか!もしかして、待 たないといけない?と不安になりつつも、店内に入ってみると、店内はガラガラ…。天気が良かったので、デッキで食事する人が多かったようだ。と言うわけ で、店内でフィッシュ&チップスを食す。

そして、14:30頃、私たちはカルガリーへ向けて出発した。しばらく車を走らせると、路肩が広くなった所(駐車帯?)で、車が数台止まっている。私たち も車を止めると、道路のすぐ脇にエルクがいた。




悠然と草を食べている。カメラを持って車を降り、人が群 がっているところまで行く。思わぬ至近距離での撮影 に、かなり興奮気味の私だった。(笑)何枚も何枚も撮り続け、そのうち、周りの人は飽きたのか車に戻り始めていたが、私は、エルクが行ってしまうまで、し ばらく撮影していた。(1Aの終点近く)

姿が見えなくなるまでエルクを見た後、再度カルガリーへ向けて出発。数日前に通った道を帰るというのは、何とも寂しい…。もうすぐカルガリーだっていうの も、分かっちゃうし…。


カルガリーでSAFEWAY(スーパーマーケット)に立ち 寄り、自分たちへのお土産を購入。安上がりなお土産です(笑)そして、空港へ…。途中、渋滞につ かまり、何故か道を間違えるものの、無事17:30過ぎには空港へ到着。ロッキーから帰ってくると、さすがにカルガリーは大都市ってカンジ…到着したとき は、そんな風に思わなかったんだけどな…(笑)

19:00発のバンクーバ行きに搭乗。夕食は、バンクーバーでシーフードを…と思っていたので、ためらったが、帰ったら、絶対にダイエットだな…と思いつ つ、機内で出たスナックを完食(笑)…。そして、19:30にバンクーバー到着。




疲れていたので、タクシーでホテルへ向かい、20:00頃 チェック・イン。行ってみると、ほとんど最上階の部屋で、眺めが良くてビックリ。夕日がこれからキレイになってくる時間だったが、次の日も早いし、早く夕 食を食べに行って、早く寝ないと…ということで、シーフードレストラン、Joe Fortesに行く。

店内は、週末だからか、ものすごくいっぱい。今までの夕食とは、ひと味もふた味も違う雰囲気での夕食となる。ロブスターとサラダなど のコースがオススメだと言われたので、2人ともロブスターにビールという組み合わせでオーダーする。そして、今回の旅行をふり返り、反省会をする2人なの でした。


△ Top  

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |