Menu

Map

準備 計画・準備編

1日目 仙台〜Quadra Island

2日目 Quadra Island

3日目 Quadra Island

4日目 Quadra Island

5日目 Quadra Island〜Whistler

6日目 Whistler

7日目  Whistler〜Vancouver

8日目  Vancouver〜仙台

Travel Photo


The Canadian
Rockies
 

旅の宿

Bow View Motor Lodge

Patricia Lake Bungalows

Lake Louise Inn

Blue Horizon


5日目


天気が良ければ、マウント・ロブ ソン州立公園に行き、キニーレイクまでトレッキングを…って、やっぱり、天気予報通りの雨。せっかく早く起きたのに…。でも、少々の雨なら、行きたいとこ ろは他にもあるし…と言うことで、早めに朝食をとり、ドライブすることに。

Kayは、昨日の乗馬で、1/3ほど爪をはがしてしまったので、朝食の準備をMoeがしてくれることに。でも、隣では、もちろん、Kayの指導つきなんだ けどね…。この日の朝食のメニューは、ベジタブルスープと、スクランブルエッグ、ハムとベーグル。あとは、コーヒー。窓から見える湖と、小雨を眺めながら の朝食。こういうところで、の〜んびり朝食食べてると、何となく、いいな〜って思っちゃう。


のんびり朝食を食べ、身支度を整え、9時頃にロッジを出 発。まずは、バンフからジャスパーに来る日に、寄れなかったアサバスカ滝へ。朝早いので動物が見えるかも…という期待を胸に、93Aを走る。結局は、何に も見えなかったんだけど…。アサバスカ滝へ到着しても、雨は相変わらず小雨状態。もちろん、カサなんて持ってないし、カメラにカバーをかけて、そのままの 格好で歩く。

天気だけが、ホント残念だけど、すっごい迫力のある滝で、ものすごい轟音が、響いている。滝の近くのトレイルは、不思議な景観。水が、長い年月をかけて浸 食した岩の間だったり、水が流れている谷底が見えるような断崖の上だったり…。しばらくトレイルを歩き、次の目的地へ向かうことに。




ここを出発するぐらいから、天気も回復してきて、次はエン ジェル氷河を見に行くことに。でも、そのまま行かないところが、私たち…。モアブ・レイクという看板を見つけ、行ってみることに。Kayが旅行に来る前 に、いろいろ調べていたなかで、名前だけは知っていたのだけれど、どんなところかは分かってなかった場所…。

93Aから、看板の矢印の通り、未舗装の道を走る。途中、川沿いの道になったりするところを、約7.5kmぐらいだろうか…。行き止まりになったところに は、駐車スペースがあり、何台か車が止まっていた。私たちも、そこに車を止め、カメラだけ持って、トレイルを歩くことにした。


トレイルの入口には、『モアブ・レイクまで200m』と あったけれど、実際歩いてみると、もっとあるような気が…。雨上がりのトレイルは、歩いている人もいなくて、怖いぐらい静かだった。もちろん、何がいても おかしくないような所だし…。でも、期待は裏切られ、何も出てこなかったんだけど…。

しばらく歩くと、湖畔に。でも、湖畔には誰もいなくて、鎖につながれたボートがあるだけだった。対面にある山は、山火事があったらしく、黒く焼けていた。 せっかく、ココまで来たのだから、ゆっくり…とも思ったけれど、どうしても、エンジェル氷河には行きたいので、引き返す。




93Aに戻り、再びエンジェル氷河を目指す。運がいいこと に、雨もすっかり上がり、だんだん雲が薄くなってきた。このまま行けば、晴れるかも…と思いながら、また93Aから離れ、山道を車で登りはじめる。

突然、Moeは、『この道知ってる…』と呟く。でも、エンジェル氷河には、来たことないって言ってたじゃん!!!と思いながらも、車を走らせると、一軒の 宿が…。Moeは、『ここ、泊まったことある。』って…その宿の場所は、エンジェル氷河の駐車場まですぐというところ。『ココまで来て、エンジェル氷河に 来てないの〜?』というKayに、『だって、知らなかったし…。』というMoe…。


Moeは、カナダの学校の友人達と遊びに来たらしいけれ ど、その友人達が、とにかく安いところ…っていうことで、その宿になったらしい。水道・電気がな く、トイレは、建物の外にあって、クマが出たら行っちゃいけないって言われてたらしい。で、実際、クマが出て行けなかったそうです。(詳しい旅行記はコチ ラ!)残念ながら、今回は、クマには出会えませんでしたが…。

駐車場に車を止め、少し冷たい空気を吸いながら、景色を眺める。時計を見ると、12時。お腹も空くはずだよね…と言いながら、食べる物もないので、車に乗 せてあったスナックをお腹に入れ、出発。



始めは山の上の方にかかっていた霧も、だんだんトレイルを 進むに従って、晴れてくる。それに、トレイルのまわりは、いろんな花が咲いていて、とても気持ちいい。

トレイルを歩いていると、時々、ザザッーという音が遠くから聞こえてくる。山の方へ目をやると、雪が断崖を滑り落ちてきていた。そう言えば、雪が降ったみ たいな事を、聞いたような気がする。始めは見えなかったエンジェル氷河が、少しずつ姿を現す。それを眺めながら、トレイルをさらに進む。



エンジェル氷河は、昔は、真ん中の部分がもっと下の方まで 長かったらしく、トレイル沿いに立っている看板にはその写真があった。その写真は、エンジェルが羽を広げて立っているようだった。今の氷河は、どちらかと いうと、大きな鳥が翼を広げて、飛んでいるように見える。

トレイルをさらに登って行くと、森林限界を超えたのか、高い樹がなくなり、突然視界が開けると、上の方にあった氷河が、目の高さになっていた。その頃に は、青空が見えるようになり、氷河に光が当たり、何とも言えず、きれいな景色に…。ここまで来て、本当に良かった…と、心の底から思える景色だった。


『どこまで登るの?』というMoeは、お腹も減ってきた し、そろそろ限界…。残雪が残っているところまで来たところで、引き返すことに…。

お腹が減っていたので、ジャスパーへ戻り、食事を…と思っていたけど、昼食…という時間でもなくなってしまったので、そのまま夕食を食べることに。私たち が泊まっているパトリシアレイクの隣、ピラミッドレイク湖畔にあるホテルのダイニングに直行。でも、まだ時間が早かったので、開店前…。一応、開店時間に あわせて予約を入れ、お土産屋さんに…。


この夜、食べたのは、Moeがチキン、Kayがトラウト。 車で来ていたので、この日のアルコールはなし。でも、部屋に戻れば、ビールが冷やしてあるしね。ちょっと、ハーブのブレンドが、2人の口には…。それで も、お腹が空ききっていた2人は完食。

ココで終わり…と思った?実は、このあと、歩きたいと思っていたトレイルへ…。宿泊している所から、車ですぐの所なんだけど、夕方のお散歩へ…。ここは、 動物にあえる確率が高いと言うことだったので、特に狙い目の夕方(行った時間は夜だったけどね…)に行きたかったのです。エンジェル氷河で、結構歩いたの で、疲れていたけれど、がんばって行ってきました。


でも、結局動物には会えず、トレイルは雨の後、馬が通った らしく、どろどろのぐちゃぐちゃ…(>_<)ヽ余計に疲れてしまいました。暗くなってきたので、急いで車まで戻り、ロッジに帰ることに。ビー バーダムはあったんだけどな〜。でも、そこからの帰り道、車でロッジに戻る途中、コヨーテがいたのよ〜!!!もちろん、カメラを構えて、車の中から撮った んだけど、遠いし、暗いし… ブレブレ写真に…。ああ、もっと明るいときに、近くで会いたかったな〜。

ロッジに戻った後は、シャワーを浴び、ビールを飲んで、寝たのでした。疲れきってたから…。本当に、長い1日でした。


△ Top  

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |