Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Vancouver

2日目 Vancouver〜Haines JCT

3日目 Haines JCT〜Haines

4日目 Haines

5日目 Haines〜Skagway

6日目 Haines

7日目 Haine〜Kluane

8日目 Kluane〜Whitehorse

9日目 Whitehorse〜Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Northern BC & Yukon
South-East Alaska


Vancouver
Whistler

旅の宿

Kingston Hotel

Alcan Motor Inn
△この日の宿はココ!

Beach Roadhouse

Burwash Landing Resort &
RV Park

Edgewater Hotel

Quality Inn Airport

現地の天気





2日目


前日早く寝た私たちは、当然のよ うに早起き…。7時前には朝食を食べに行くことに…。朝食付きの宿だったので、ロビー横の部屋へ…。セルフサービスと言っても、パンは焼いてくれるし、オ レンジジュースは絞りたてっぽかったし、思ったより良かった。それに、時間もかからなくてかなりいい。

そして、私たちは8時過ぎには空港へ向けてホテルを出発。タクシーでバンクーバー空港へ向かった。←の写真(オンマウス)は、今回の私たちの荷物です。衣 類・三脚などが大きなスーツケースに入っていて、黒い小さなスーツケースはカメラ&レンズが入っていて、機内持ち込みようです。


空港でチェックインし、荷物を預ける。そして何やらチケッ トにシールをペタッと貼ってもらう。そのおかげでセキュリティー・チェックで、「こちらからどうぞ…」と、別な入り口に通してもらえた。と言っても、一般 の方も混んでなかったけど…ただ、対応がちょっと優しいような…。(ハッキリ何が違う…とは言えないのですが、「このカバン開けて。」っていうのが、「こ のカバン開けてもらっていい?」って感じです。)

そして、時間まではラウンジへ…。で、この日はフライト後、レンタカーで移動するので、ジュースを飲んでいたのですが、少しすると、Moeがパンなどを 持ってきて、軽くおやつタイムに…。(食べ過ぎ?笑)




飛行機は30分くらい遅れで出発。はじめは晴れていたの に、北上するにしたがい、だんだん曇って、何も見えなくなってしまいました。(氷河ウォッチングを楽しみにしていたのに…泣)

そして、ホワイトホースに到着。同じ飛行機には、私たちの他にも2組の日本人がいたのですが、どちらもガイドらしき方が迎えに来ていて、空港を出て行きま した。

私たちはレンタカーです。手続きをして車に行くと…2ドアです。これが面倒くさい…。後部座席にカメラなどを置くことが多いのですが、取りにくいったらあ りゃしない…。


で、空港を出発した私たちが向かったのは、ホワイトホース の街。とりあえず、買い物と昼食です。久しぶりにマック(マクド)に行ってみることに…。バンクーバー島で行ったっきり…ってことは、2年ぶりです (笑)。で、昼食をしていると、飛行機内で見かけたカップルがやってきました。

そして昼食を終えた私たちは、カナディアン・タイヤーで買い物を…。すると今度は飛行機内で見かけたもう1組の日本人を発見。(これで、ホワイトホースの 街の大きさが分かるかと…笑)その後もウォール・マートなどに行き、飲料水、虫除けスプレー、スナック(非常食)などを購入する。面白くて、いろいろ見て 回っていたが、気が付いたら3時…先を急ぐことに…。(気付くの遅すぎ!)




この日、ホワイトホースからは、アラスカハイウェイを 150kmほど北上(と言っても、今日の目的地まではほぼ西)する。街からしばらくは、雨がポツポツするような天気だったけれど、次第に雨は上がり、本当 に少しだけど青空も見え、ちょっと期待してしまう…。

距離はそれほど長くないので、途中にあるレスト・エリアやビュー・ポイントなどに止まりながら、景色を楽しみゆっくりドライブする。雄大で、広大で、そし て…言葉が続かない…(笑)とにかく、スケールがデカい事だけは間違いありません!そして、はじめは「スゴイね〜!」と何度も言っていた私たちでしたが、 次第に言葉を失っていったのでした。


そして、6時過ぎには宿に到着。まずはチェック・インを済 ませる。ちょっと部屋で休憩した後、宿の隣にあるお店へ…。でも、サンドイッチくらいしかなかったので、次はファスト・フードのお店へ。で、そこで夕食を 購入し、宿の部屋で食べることに…。

部屋で夕食を食べながら、これからどうしよう…?と言う話し合いになり、Moeが旅行前からチェックしていたトレイルに行くことに決定!クマもオオカミも 出るというトレイルです。でも、オオカミは警戒心が強くて、ベア・ベルなんか鳴らしていたら出てこないらしいのですが…(笑)ということで、19:30 頃、トレイルに出発しました。




トレイルを歩き始めてから、ベア・ベルを持ってくるのを忘 れたことに気付いたけれど、そのままトレッキング。さすがにオオカミが見たいと言っても、クマに遭遇するのは避けたいので、大声で会話しながらのトレッキ ング。そのせいで、リスにもライチョウにも逃げられてしまいましたが…(泣)

途中にある展望台からは、広大な大地にどこまでも広がる針葉樹林が見え、すばらしい景色を堪能することができましたが、トレイルのほとんどは森の中…。川 沿いのトレイルを想像していた私たちは少し飽き始め、時間も時間だったので、途中で引き返すことに…。


結局、駐車場に戻ったときには21:00過ぎでした。戻っ てから看板を見るとトレイルの長さは5.5kmで、2時間かかるって…ということは、もう少し行けば全部歩けたのかな…?ただ、ずいぶん暗くなっていた し、私たちが引き返した先は、更に暗い森になっていたし、引き返して正解だったかもしれませんね。

そして宿に戻った私たちは、明日の晴天を祈りつつ眠りにつくのでした。ちなみに、この夜は、→の写真のように晴れてきてはいたのですが、半袖では絶対にい られないくらい寒かったです。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |