Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Vancouver

2日目 Vancouver〜Haines JCT

3日目 Haines JCT〜Haines

4日目 Haines

5日目 Haines〜Skagway

6日目 Haines

7日目 Haine〜Kluane

8日目 Kluane〜Whitehorse

9日目 Whitehorse〜Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Northern BC & Yukon
South-East Alaska


Vancouver
Whistler

旅の宿

Kingston Hotel

Alcan Motor Inn

Beach Roadhouse
△この日の宿はココ!

Burwash Landing Resort &
RV Park

Edgewater Hotel

Quality Inn Airport

現地の天気


Click for Haines, Alaska Forecast


3日目


朝起きてまず外に出ると、雨だっ た。それも結構激しく降っている。とりあえず、早く出発してしまおう…ヘインズ(アラスカ)の方の天気はいいかもしれないし…ということになる。

朝食は小さな部屋があって、そこに数種類のパンやシリアル、コーヒーやジュースなどが置かれていて、セルフサービスのコンチネンタルBFが用意されてい た。(朝食付きとは2人とも知らなかった)私たちは、コーヒーにジュース、シリアル、パンと、朝からお腹いっぱい食べる。そして、車の中でも飲めるよう に、ペットボトルにコーヒーをもらった。(やっぱり朝食付きっていい!)


食後、私はその食堂(?)でファーストネーションの絵を見 ていて、分からないものがあったので、ちょうど入ってきたスタッフの女性に、何を書いたものか聞いてみた。(ちなみに、オンマウスの絵→はオルカを描いた ものです。)

Moeも今日の天気を聞いていたが、彼女は部屋の窓から昨日見えていた谷間の辺りを指差し「あの谷が奥まで見えないときは1日雨よ。」と教えてくれた。

私たちは、まだ帰り(この近辺で2日とってある)もあるし…ということで、後日に期待し、早くヘインズに向けて出発することにした。




この日の予定は、現在位置ヘインズ・ジャンクション(ユー コン準州)からブリティッシュ・コロンビア州を経てヘインズ(アラスカ州)へ…。ヘインズ・ハイウェイを走る。

このハイウェイ、クルアニ&タッチェンシニ・アルセック(世界遺産)の外縁部を通っていて、私たちはその景色にかなり期待していたのだ。もちろん外は雨… でも、車で 走れば…なんて希望を持っていた。

早く出発はしたものの、私たちはこの日、ヘインズに行くだけで、特に決まった予定もなかったので、途中にある湖などに立ち寄りながら、天気の好転を祈りつ つの移動となった。


途中、何度かウサギを見たり、キツネを見たりしたが、写真 に収めることができたのはこの子(→写真)だけ…。この子は、私たちが車を止め、レンズを向けている間、ずっとじっとしていてくれた。でも、手前の草、邪 魔だったな…撮っているときには気付かず…笑

ハイウェイはどんどん標高を上げると、いつの間にか雨が止んでいた。もちろん、天気は相変わらず悪く、空は曇ったままだったけど…。

それでも、雄大な景色なのはしっかりと分かった。ここで天気が良ければ…そう思うのは、私たちだけではなかったと思う。




交通量も少なく、すばらしい景色が広がっていて、コレで天 気が良ければ…と思いつつ、何度も何度も車を止めては写真を撮った。

そして、←がヘインズ・ハイウェイ最高地点。標高1070mだそうです。これは8月中旬ですが、あと1ヶ月もすれば、キレイな紅葉が見られたことでしょ う。このあたりは、ちょうど森林限界なのか、木はまばらで、今朝発ったヘインズ・ジャンクションとは景色もずいぶん変わってきていた。そして、この辺りで は、地リスがかなりいて、景色を撮っていると、いつの間にか足元に地リスがいた…なんて事も…。警戒はしてるんだけど、好奇心旺盛なのかな?その 時の様子はコチラ


そして、ハイウェイの最高地点からはヘインズまで標高差約 1000m。ここからひたすら下るだけだ。結構、耳が痛くなるくらいの急な下り坂もあったりしたが、このハイウェイで行われる自転車レースのHPがあっ たっけ…。ヘインズ・ジャンクションの標高は分からないけど、かなり激しいレースにちがいない…。

そして、いよいよ国境へ…。久しぶりのアメリカ入国だ。昨年はアラスカには行ったけど、入国審査はなかったから…。で、事務所(?)前で車を止めると、パ スポートを預かるから、建物の中へ…と促される。そして、入国の書類に記入し、顔写真を撮られ、左右の人差し指の指紋を採られた。




ちょうど私たちの前にも、後ろにも誰もいなかったが、時間 にして10分くらいだろうか?これを空港でやったら、ものすごい時間がかかりそうだ。考えただけで恐ろしい…。

国境を通り過ぎた私たちは、途中(運が良ければ?)クマが見られる場所や、白頭ワシの保護区を通り、景色のいい場所を探しながらヘインズへ向かっていた。 私たちはお腹が空いていたので、景色のいい場所でランチを…と思っていたのだが、ココという場所を見つけられず、(寒かったし…)結局ヘインズの街まで来 てしまった。

仕方がないので、ヘインズの街で買い物をして、宿の向かうことにした。


パンやハムを購入し、宿へ…。結局、宿の到着したのは3時 過ぎ…。(でもアラスカ時間では2時過ぎ…)お腹はペコペコ。荷物を部屋に入れるだけ入れたらまずはランチ!スモークサーモンや、パン&ハムなどを食べ る。そして、少し休憩する。

チェックインの際、オーナーに「クマは見たかい?」と聞かれた。そして、見てないのなら、ココがオススメ…と言って、チルクート湖とそこから流れ出る川の 周辺を教えてくれた。そして、オススメは7時から9時だということも教えてくれた。その時間まではまだあったけど、ちょっと下見に行ってみる?と言うこと になり、チルクート湖へ向かうことに…。



ところが、クマが出ると言われたチルクート湖とその周辺は 釣り人だらけ!クマ出るんでしょ?!と思うが、目の前で釣り上げているところを見ると、私たちも…なんて思ってしまった。

下見にきたものの、まだクマが出る(よく見える)という時間まではまだまだ時間があったので、私たちは一旦街に戻り、夕食の買い物などをすることにした。

魚屋さんを見つけ行ってみるが、営業が終わっていて、その日の夜は、スーパーで買ったお肉にする。ところが、この頃から天気が良くなってきていて、青空も 見え始めていた。


そうなってくると、私には行きたいところがあったのだ。ク マは雨が降っていたって見られるし…。昨年の経験から、クマは夕方に限らず早朝でも見られるはず…。それに、私たちはヘインズで4泊5日もするんだし、明 日からいつでも行けるし…ということで、私たちは氷河の見られるチルカット州立公園に行くことにした。

途中、まだ雲のかかった山を見ながら州立公園に向かったが、公園に到着した頃には、氷河もキレイに見えるようになっていた。ただ、逆光なのが…。天気が良 くなったら、また来ればいいし…なんて思っていたけど、結局、この時しか行きませんでした。(→オンマウスはレインボー氷河、↓の写真はデイビドソン氷河 です。)


この州立公園、景色は良かったのですが、この日は風が強く (風が強くなったから雲が流れたのでしょうけど…)、ぼーっと景色を眺めていると寒くて寒くて…。私たちは泣く泣く州立公園を後にしました。ところが、そ の帰り道、道路沿いの樹上に白頭ワシを発見。もちろん撮影。

しばらくは寒さを我慢して写真を撮っていたが、Moeは車に戻ってしまうし、私の我慢も限界に来て撮影終了。そうそう、まだ焦らなくても時間はたっぷりあ るし…。

そして宿に戻った私たちは夕食を作り、ビールで乾杯。シャワーを浴びて就寝…となったのでした。(翌日の早朝、クマを見に行きたかったので、早寝です。)



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |