Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Nanaimo

2日目 Nanaimo〜Port Hardy

3日目 PortHardy〜PrinceRupert

4日目 Prince Rupert〜Hyder

5日目 Hyder

6日目 Hyder

7日目 Hyder〜Vanderhoof

8日目 Vanderhoof〜Cache Creek

9日目 Cache Creek〜 Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Vancouver Island
Quadra Island

旅の宿

Best Western Dorchester Hotel

Pioneer Inn

Inn on the Harbour

Sealaska

Hillview Motel

Canada Best Value Desert Inn

Holiday Inn Express VANCOUVER-AIRPORT

現地の天気




2日目


時差ボケもあるんだろうけど、 やっぱり日の出前から起き出すMoe…。『いい天気だよ〜!』の声で、私も日の出を撮るべく窓へ…。少しだけ明るかった空が、どんどん色を変え、雲を染 め、そのうちに太陽が見え始める。朝が苦手な私は旅行中くらいしか日の出って見ないんだけど(笑)、この日の出前後の空って、キレイよね〜♪

朝早く起きると、お腹が空くのも早い…ということで、ホテル1Fのダイニングに…。7時からと書いてあったので、7時過ぎに行ったら、7時半からだと言わ れ、再び出直す。いつものごとく、2人でエッグ・ベネディクトを食べ、ゆっくりホテルを出発。


さて、今日はナナイモからポートハーディーまで移動するだ け400km弱くらいだったかな?なので、余裕です。キャンベル・リバーまでは知っているので、その先、いいところがあったら寄りながら…って感じで行 く 予定。

ということで、割とゆっくりホテルを出発。さて、キャンベルリバーまでは、見覚えのある看板(滝のある州立公園)などを見ながらひたすら走る…。なんだ か、まだまだ旅行の出発点に立った気がしない…。きっと、この場所を走ることが目的ではなかったからなんだろうな〜(笑)

ということで、キャンベル・リバーには11時前には到着。(走行時間は2時間弱くらいかな?)




キャンベルリバーでは、スモークサーモンの美味しかった店 に行き、サーモンキャンディーを購入。(スモークサーモンがなかったため…残念)そして、スーパーで昼食用のランチを購入したり、ホームセンターでラテを 作るためのガスボンベを購入したり、スタバのラテを購入したりして昼前には出発。

出発して、いろんな所に立ち寄ろうと思うものの、いっこうにそんな場所はない。そして、ビューポイントの看板を見つけ、行ってみる。私たちが何度も往復し た、海峡の中でも、難所だった場所。ただビューポイントと言っても、思いっきり電線が入っちゃうんですけど…。展望台とかはなくて、駐車場だけです。


そして、ビューポイントを過ぎると、あとはひたすら山の中 の一本道…。急な登りと急な下り…とにかく坂道の連続で、気圧に敏感な私は少しへたり気味…。

で、まだ時間もあるし…ということで、ハイウェイから外れてテレグラフコーブへ…。この海峡での2度のオルカ・ウォッチングのうち、1度はこの街の沖のあ たりだったと思われるので、行ってみたくなったから…。

実際に行ってみると、ものすごく小さな街で、目の前は海峡。背後には山が迫る…という感じ。私たちはおみやげ物屋を少しのぞいて、海の見えるところで昼食 を済ませ、出発する。




街への一本道をハイウェイに向かって戻り、さらにハイウェ イを北上する。また山の中の1本道…。

キャンベルリバーを出発するときに、「いよいよ本当の出発だよ…」なんて言っていたのだが、何だか走っていても、そんな気になれない…何故だろう???

「分かった!この景色、キャンベルリバーから、ストラスコナ州立公園にかけての景色に似てるからだ〜!」そんなことを言いながら、左の写真のような道を走 り続ける。いつになったら、この度の出発点に立てるんだろう…そんなことを思い始めていた…。


しばらく走ると、ポートマクニールという海沿いの街に出る が、少し走るとまた山の中…。と、道路脇に黒い動く物体を発見!ブラックベア〜〜〜!!!

キャンベルリバーからのハイウェイは、ほとんど車が走っていないのに、運悪く、車が数台連なってきたところに、道路を渡ろうと森から出てきたようで、道路 脇でビクビクしている。

かわいそうに…なんて思っていると、車が途切れ、ようやくクマは道路を渡り、森の中へと消えていった…。それにしても、ココで会うことは期待していなかっ たので、かなり嬉しい!




夕方、街の入り口に到着。とりあえず、宿の看板を発見した のでチェックインを済ませることに…。すると、部屋には立派なキッチンが…。郊外の宿なので、周りにはレストランもなく、私たちは自炊することに…。街に 食べに行くと、どちらかがアルコール飲めないしね(笑)

ということで、私たちはスーパーで食材を買い、リカーショップを探して、ビールを購入。宿へ戻ると、早速夕飯音準備をして、ビールで乾杯!

翌日のフェリーがかなり早朝なので、早々と眠ることにしたのでした。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |