Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Nanaimo

2日目 Nanaimo〜Port Hardy

3日目 PortHardy〜PrinceRupert

4日目 Prince Rupert〜Hyder

5日目 Hyder

6日目 Hyder

7日目 Hyder〜Vanderhoof

8日目 Vanderhoof〜Cache Creek

9日目 Cache Creek〜 Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Vancouver Island
Quadra Island

旅の宿

Best Western Dorchester Hotel

Pioneer Inn

Inn on the Harbour

Sealaska

Hillview Motel

Canada Best Value Desert Inn

Holiday Inn Express VANCOUVER-AIRPORT

現地の天気




3日目


今日はこの旅行のメインイベン ト、インサイド・パッセージの日です。フェリーは7:30出港。そして、チェック・インはその2時間前…。そう、5:30にはターミナルに行かないとなん です!時差ボケが治ってるのか治ってないのか分からない身体にムチ打って早起きし、真っ暗な中を出発!

ターミナルに向かうにつれ、車が増えてきて、ターミナルへの1本道は、軽いラッシュです。ターミナルのゲートに到着すると、長い列になっています。ゲート ではパスポートを見せ、チェック・イン。それにしても、フェリーで写真入りのIDを見せろなんて、そんなにチェック厳しいんだ…。チェック・インを済ませ た私たちは、車内で前日買っておいたラップを頬張り、この日1回目の食事を…。


さてこのフェリー、私たちが乗った時季は奇数日がポート・ ハーディーからプリンス・ルパート、偶数日がその反対…という感じで、1日おきに運航しています。

だから…というわけではないのだろうけど、とにかく、乗船する車がいっぱいで、積載できる車の数もそれほど多くないので、船内の車はすごい事になってま す。私たちの車は中央のグレーの車なのですが、切り返ししないと出られないところに誘導されました。もちろん、他の車も同じように詰めてました。

そして、2階建てになっていないところは、キャンピングカーでいっぱい!ものすごい数です!(オンマウス→)




駐車後、私たちは船室へ行き、個室のチェックインを済ま せ、とりあえず、個室に…。長い船旅(約15時間)なので、横になる場所や、荷物を置くところも欲しい…ということで、別料金の個室の予約もしていまし た。一応、オーシャンビューでトイレ・シャワーもついていました。

2人での利用なので、上段のベッドは片づけて(折りたたみ)しまって、くつろげるようにしました。そして、荷物を置いて、船内の探検に…。デッキに出る と、ずいぶん明るくなってきていましたが、天気は曇り…。お天気良くなるのかな…?そんな不安さえ…。それでもフェリーは定刻に出発です。


さて、出港してしばらくは、船内をグルグルしたり、写真を 撮ったりしていたのですが、朝食べた小さなラップだけではお腹は満たなかったようで、2度目の朝食を食べることに…(笑)

そして、お腹がいっぱいになると、だんだん眠くなってきて…。とりあえず、出港してしばらくはバンクーバー島からカナダ本土へ向かうだけで、景色も両側海 で、天気も良くない…ということで、部屋に戻って、少しだけ眠ることに…。

朝早かったし、明日もハードだし…ということで、小1時間の朝寝です(笑)




小1時間経って起きると、窓からは青空が!急いでデッキに 行くと、陸地も見えてきました。そして、船が通ってきた方を見ると…写真では見にくいかもしれませんが、ずっと霧だったようです。

するとすぐに「クジラ!」という声が聞こえてきて、潮を吹いているのが見えます。期待していて見えないと残念だから…と思っていたのですが、ホントに見る ことが出来て、ラッキー♪

この後も、クジラ、イルカなどを見たりしながら、デッキや個室などで時間を過ごす…。


クルーズ中の写真はコチラから見られます。外洋から島々 の間の狭い海峡を通り、ゆっくり景色が変わっていく…。たまにはこんな旅もいいもんです。

古い町や、動物(クジラやイルカ)が見えると、船内ではアナウンスしてくれます。ただ、それを聞いてから行くと、デッキは人でいっぱい。でも、デッキにい るとアナウンスは聞こえません。だから、たえず、周囲には注意を払ってないと、いろんなモノを見逃すことに…(笑)

そして、この日3食目の昼食、4食目の夕食も船内で頂きました。たいして運動もしてないのに、食べるのだけはしっかり食べてしまって…。食い疲れでした (笑)




夕食を食べると、どんどん景色は暗くなってきます。でも、 クルーズは続きます。夏の日の長い時季なら、きっともっと長い間景色を楽しめるんだろうな…。

で、すっかり真っ暗になってしばらくすると、ようやく到着です。前の車について、プリンスルパートの街へ…。でも、ホテルの場所は知りません。印刷してき た地図を出すものの、暗くて通りの名前がなかなか分からなかったり、四苦八苦しながらホテルに到着。

長い時間、船に乗っていたために、いつまでもユラユラ揺れているような感覚に悩まされながらシャワーを浴び、ベッドに潜り込んだのでした。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |