Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Nanaimo

2日目 Nanaimo〜Port Hardy

3日目 PortHardy〜PrinceRupert

4日目 Prince Rupert〜Hyder

5日目 Hyder

6日目 Hyder

7日目 Hyder〜Vanderhoof

8日目 Vanderhoof〜Cache Creek

9日目 Cache Creek〜 Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Northern BC & Yukon
South-East Alaska

旅の宿

Best Western Dorchester Hotel

Pioneer Inn

Inn on the Harbour

Sealaska

Hillview Motel

Canada Best Value Desert Inn

Holiday Inn Express VANCOUVER-AIRPORT


6日目


今日もクマに会いにフィッシュク リークへ…。昨日は朝食前に行きましたが、朝食を食べてからの出発です。そのため、昨日より少し遅い出発でした。

通い慣れた道を、クマの出現にワクワクしながら車を走らせます。と、Moeが突然車を急停止!車を少しバックさせると…水面を移動する木の枝を発見!!! 木の枝が動いてる???

よ〜く見ると、なんとビーバーが咥えている木の枝が動いていたのです!!!2人での旅行中、Moeは何度か見ているのに、私は何故かいつも見られなかった のですが、今回はバッチリ見えました〜!


フィッシュクリークに到着すると、「さっきまでクマがいた のよ〜!」と言われ、ちょっとがっかり…。でも、ビーバーには、あのタイミングでしか、出会えなかったのだから、これでいいのだ。

そして、クマが遊んでいった(?)というキャンピングカーを見たりしながら、ボードウォークを、行ったり来たり…。白頭ワシや、水鳥はやってくるモノの、 クマはいっこうに現れません。

ボーッと待ってるのはつまらないので、白頭ワシを撮ったり、水鳥を撮ったり、風景などを撮ったり…。




「カワセミ!」と近くにいた人が教えてくれたので、探して みると…肉眼ではとっても小さくだけど、それらしき鳥を発見。さっそく望遠をのぞく…。

おぉ〜、確かにカワセミだ〜!日本でいうところのカワセミとはちょっと種類が違うんでしょうけど、何度も何度もブルー・ラグーンに飛び込んでは小魚を捕ま えようとしていたようです。

※帰国後、ちょっと調べてみました。おそらくこのカワセミは、ベルテッド・キングフィッシャー(Belted Kingfisher)ではないかと思われます。バックが明るすぎて、色とかよく分かりませんよね(笑)


お腹も空いたし、クマも現れないし…ということで、一旦戻 ることに…。とりあえず、隣町(国)のスチュワートまで戻り、スーパーで買い物を…。不足していた野菜を冷凍野菜で補うべく、大量購入。で、宿へ戻り、久 しぶりに野菜たっぷりの食事を…。

その後は、街をブラブラして過ごす。おみやげ屋さんを何軒もハシゴしたりして、Tシャツなど自分たち用のお土産を購入。そして、あるおみやげ屋さんで、老 夫婦にバッタリ!「まぁ!私たちのこと覚えてる?」と声をかけられ、私は「???」(笑) Moeは、ちょっと会話をして別れ、「昨日サーモン氷河の前で (Moeが)話をした人たちだよ…」と教えてくれました。あんな人だったっけ?(汗)




しばらく街で過ごした後は、また夕方からフィッシュ・ク リークに出発です。

またまたクマはいません。でも、サギを撮ったり、白頭ワシを撮ったりして過ごします。

前回(2年前)に来たときは雨ばかりで、じっと待っているのが苦痛なくらい寒かったのですが、今回はものすごく天気に恵まれ、長袖のシャツも脱ぐくらい暑 い…。

そんな中、白頭ワシの子供なども現れ、じっと写真を撮っていることが多かったのです。


雨が多かったときには無かったことなのですが、この日、私 は色々なところを、何カ所も蚊に刺されていました(笑)この時期に、こんなに刺されるとは…(泣)1ヶ月以上かゆくて、跡が残ったところもありました。

さて、2時間以上待ったでしょうか?太陽も山の陰に隠れ、フィッシュ・クリークのある谷はすっかり日陰になっていました。

と、突然茂みがガサガサ!和やかな雰囲気だったボードウォークの上は一気に興奮状態にっ!!!と、1頭のグリズリーが現れ、鮭を獲り、食べ始めてくれたの です。




この子は、またまたサービス精神旺盛な子で、とっても見や すいところでサーモンを食べてくれたりして、私たちを十分楽しませてくれました。

結局、2時間近く楽しませてくれたくれたでしょうか?茂みに姿を消していったときには、すっかり周りは真っ暗に…。

明日は早朝、ココでクマを見た後(見られるかどうか分かりませんが)、バンクーバーに向けて出発する日です。私たちは、本当に満足するまでクマを見られた ことに、興奮しながら宿へと戻るのでした。


もう、明日の朝、クマに会えなくても、十分満足するくらい クマには会えたよね〜!

そんな会話をしながら、夕飯とビールで乾杯し、やっぱり早くベッドに潜り込むのでした(笑)



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |