Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Nanaimo

2日目 Nanaimo〜Port Hardy

3日目 PortHardy〜PrinceRupert

4日目 Prince Rupert〜Hyder

5日目 Hyder

6日目 Hyder

7日目 Hyder〜Vanderhoof

8日目 Vanderhoof〜Cache Creek

9日目 Cache Creek〜 Vancouver

10〜11日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Northern BC & Yukon
South-East Alaska

旅の宿

Best Western Dorchester Hotel

Pioneer Inn

Inn on the Harbour

Sealaska

Hillview Motel

Canada Best Value Desert Inn

Holiday Inn Express VANCOUVER-AIRPORT


9日目


早く寝てしまうので、ついつい早 く起きてしまいます。ちょうど外を見ると日の出前…しばらく外でボーッと日が出てくるのを待ちます…。もちろん、とても寒くて、夏の格好ではいられませ ん…。

しばらくすると、太陽が見えはじめ、山の斜面に日が当たるように…。本当に、ココはドコ?と思えるような景色…。(←オンマウス)斜面に木はなく、所々ま ばらに生えている程度…。誰もが想像するような豊かな緑は、どこにもありませんでした…。ホントに、砂漠…こんな場所がカナダにもあったんです!


朝食は、昨日買って、食べ忘れてたベリーヨーグルトとコー ヒー。相当甘いかな…と思って食べてみると、ほとんど甘くなくて、ベリーの甘酸っぱさと一緒になって、おいしかったです。で、少ないですが、これでとりあ えず出発。

この町から南へ車を走らせれば、バンクーバーに到着するのですが、どうしてもウィスラーに行きたかった私たちは、昨日来た道を少し戻り、別のルート (R99)を行くことに…。ということで、砂漠の町を後にして、北上します。砂漠の町と言っても、散水設備のしっかりした牧草地は、キレイな緑色が広がっ ていて、不思議な感じなんですよね…。




R99は別名「Sea to Sky Highway」と呼ばれていて、バンクーバーからウィスラーへ行く際に通る道で、インレット、氷河、険しい山々が美しい道路なのです。

と言っても、始点(終点?)は砂漠の町から少ししか走っていないので、まだまだ乾燥した感じです。

途中には、道路脇で草を食べている馬がいたりして、のんびりした雰囲気です。ただ、本当に柵も何もない道路脇にいるので、飛び出してこないか少し心配だっ たり…。馬を驚かせないように、ゆっくり走ります。




途中、線路近くを走るところがあったのですが、偶然にも ちょ うど列車が…!どれだけの列車が来るのかと思ったら…なんと、2両…それも1両は機関車…客車は1両だけです。で、この列車、どこまで行くかは不明です が、バンクーバーを出て、おそらくプリンス・ジョージまで行くと思われます。

静かな場所で、不思議な景色で…ゆっくりしたいのはヤマヤマだったのですが、久しぶりのウィスラーでのんびりしたいという思いもあって、先を急ぐこと に…。

先を急いでいても、お腹が減った…ということで、少し走ったところにあるリルエットという町に立ち寄ることに…




インフォメーションに行ってみると、資料館(?)のように なっていたので、ついでに見学。どうも、このリルエットの町には、第2次大戦中に日系人の収容所があったようで、資料の中には、その事も書かれていたりし た。そこには、野球チームがあったようです。詳しく書き出すと長くなるのでやめますが(詳しく書けるほど私も知りませんが…)

ということで、お腹の減った私たちは町の小さなスーパーマーケットに入り、2回目の朝食を物色…。でも、何もなかったので、町の小さなベーカリーに入りサ ンドイッチなどを購入。そして出発!


景色のいいところで食べよう…と近くの湖へ…。水力発電用 のダム湖のようでしたが、とってもキレイな水の色でした。そして、ダム湖のすぐ脇には…(→オンマウス)先ほど見た列車が通ったであろう線路が…。列車か らは、きっと、いい景色なんだろうな〜。

ということで、景色を見ながらベーカリーで購入したサンドイッチ、チーズケーキで2度目の朝食。これが、驚くほどおいしくて、大感激!もっと買えば良かっ た…と言っても、手持ちの現金が少なくて買えなかったんですけどね…(笑)キレイな景色の中で食べたから…じゃなくて、本当においしかったです。リルエッ トに行く機会があったら立ち寄られてみては?(誰が行くんだ?笑)




車を走らせると、乾燥した風景だったのが、次第に木が増 え、山が険しくなり、雪山も見えてくるように…。いよいよ私たちが今まで知っていたブリティッシュ・コロンビアの景色に…。

途中、キレイな湖で休憩したんですが、風が強くて、寒い!!!ずいぶん南の方まで来たんだけどな…と思ったけれど、道路はぐんぐん高度を下げていくので、 標高が高かったのかもしれませんね…。

この後は、ウィスラー手前の町、ペンバートンでインフォメーションに寄ったりしながら、いよいよウィスラーへ…。


ところが、ウィスラービレッジ近くの駐車場に行ってびっく り!!!車、車、車、車…!!!えっ?今日って何かあるの?!と思えるような車の台数…。探しても探しても空きが見つからないくらい…。それでも何とか車 を停めて、ビレッジへ…。

ビレッジ内にはぬいぐるみ屋さんがあって、そこで甥っ子への誕生日プレゼントを買おうと思っていたのです。私自身もそこで2回、購入していて実は、お気に 入りのお店でした…が、行ってみると、以前は所狭しと並んでいたぬいぐるみは減り、気に入ったモノが見つかりません…せっかく急いで走ってきたのに… (泣)



こんなに晴れているのですが、ゴンドラで上っていく山の方 には雲がかかっていたので、ゴンドラにも乗らず、私たちはバンクーバーへ向かうことに…。

ウィスラーからバンクーバーへ向かう道も、景色がいいし、ゆっくり楽しみながら…と思っていたら、2010年の冬季オリンピック用にか、道路はほぼ全線で 工事中…。拡幅やらなにやらで、インレットの見えるレストエリアなどもつぶされていて、楽しむことなくバンクーバーへ…。と言っても、ずいぶん様変わりし た様子を見て、楽しんでいましたけどね…(笑)


バンクーバーへ向かう途中、対向車は続々と車がウィスラー 方面へと走っていきました。よく考えたら、週末…。日がこれからどんどん短くなっていく季節…。残り少ない時間を楽しもうという人でいっぱいだったのか も…。

そして、私たちはスタンレーパークに立ち寄り、のんびり時間を過ごした後、少し道に迷いながらホテルへ…。宿泊していた向かいのホテルへ夕食を食べに…。 旅を振り返りつつ、Moeはラムチョップ、私はシーフードフィットチーネを食べながらビールを飲む。そして、ホテルに戻り、疲れ 切った身体にムチ打ちながら、荷造りをして眠りにつくのでした…。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |