Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Whitehorse

2日目 Whitehorse〜Skagway

3日目 Skagway〜Haines

4日目 Haines

5日目 Haines

6日目 Haines

7日目 Haine〜Haines JCT

8日目 Haines JCT〜Vancouver

9~10日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


Northern BC & Yukon
South-East Alaska


Vancouver
Whistler

旅の宿

Beach Roadhouse



4日目


今日はフライトシーイングの日で す!と言っても、夕方からなので、朝一番は、クマを見に…。朝&夕方がクマを見るにはイイ時間…でも、今日の夕方は見に行けないので、朝見られることを祈 りつつ、ウォッチング・ポイントに出かけます。

と言っても、天気は気になるところです。ウォッチング・ポイントに向かう途中、朝日が街背後の氷河などに差し込む様子を見て、雲は多いけど、良い天気にな るかも…?なんて期待しながら写真をパチパチ。

ところが、朝早く出かけたにもかかわらず、クマには出会えず…真新しい落とし物を発見しただけでした(泣)


宿に戻る途中、白頭ワシを見つけ、クマが見られなかった 分、大量に写真を撮りまくり(笑)そして、朝食のために宿に戻ります。

前日買っておいた生パスタに、缶のパスタソースをかけて…と思ったら…パスタソースだと思っていたものは、パスタ入りのソースでした!仕方がないので、そ のままパスタにかけましたが…中に入っているパスタの不味いこと!!!購入する際には、表示はしっかり見ましょう…(泣)

そして、トレッキングに出かけるために、サンドイッチのお弁当作成。




2年前にも行った、宿から近いトレイルに行くことに…。そ こなら、時間も読めるし、途中海の見られる場所もあって、景色の良い場所でお弁当も食べられるし…(笑)

ということで、トレッキングに出発!天気が良いからか、季節が良いからか、トレッキングしてる人が多く、海ではシーカヤックしてる人がいたり…以前来たと きより、賑やかな雰囲気でした。

で、景色の良い場所を見つけてランチのサンドイッチを頬張り、ラテを飲んでのんびり過ごします。でも、雲がだんだん増えてきていることに、2人とも気が気 ではなかったりして…(笑)


トレッキング後、宿に戻り、フライトシーイングまでの時間 を潰していると、宿のオーナーがやってきて、電話を片手に、「約束の時間より、早くオフィスに行けるかい?」と言われ、すぐに行くことに。オーナーはすぐ に電話でOKの返事をしてくれました。

オフィスに行くと、「早かったのね〜(笑)」と言われつつ(宿からオフィスが近かったので…)、空港横にあるハンガーへ(格納庫)、5時に行って欲しいん だけど…と 言われ、ハンガーへの行き方を教わり、向かう事に。

で、5時少し前にハンガーに到着。でも、誰もいないし、飛行機もいないし…。




ホントに、ココで良かったんだろうか…。誰かに聞こうに も、本当に誰もいない。もし来なかったら、どうすれば…?と思いつつ10分以上が過ぎる。

と、空から飛行機の音が聞こえてきて、目の前の滑走路に着陸。こちらに向かってきたので、一安心する。スキャグウェイで同乗者を乗せてきたので、少し遅れ たようだ。やっぱり、同乗者いるのね…ということで、残念ながら操縦席横(セスナでも助手席と言うのだろうか?)の席はすでに座られていた(泣)

ということで、後部シートに座り、いざ離陸!


さて、今回のフライト・シーイングはグレーシャー・ベイ国 立公園です。こちらは、一昨年のフライト・シーイングで行ったクルアニ国立公園のお隣にあって、どちらも世界遺産になっているところです。また、グレー シャー・ベイ国立公園には、新婚旅行でクルーズツアーで行っているのですが、天気が悪く、もう一度…と思っていた場所なのです。

で、2度目なので、今度は空から…ということで、2時間のコース(多分このツアー会社でイチバン長いコース)を選択。以前のフライト・シーイングでは、飛 行機酔いしてしまったので、酔い止めも飲んで準備万端です!




残念だったのは、曇っていて、ほとんど日が差し込んでな かったことなのですが、以前、船から見たときには(雲がかかっていて)見えなかった山々まで見ることができたので、気持ち的には満足です。

数々の氷河、氷原、インレット、山々…どれもすばらしい景色で、右に左に…と忙しいです。今回は、前回ほど揺れもひどくなく、酔い止め飲まなくても大丈夫 だったかも…?って感じでした。(時間的に前回の2倍だったので、飲みましたけどね…)

そして、セスナは太平洋へ向けてどんどん進みます。


いくつもの氷河やインレットを過ぎ、最後の山を抜けると、 遠くに海が見えてきました!久しぶりの太平洋!(笑)

太平洋まで出てきたのには理由があります。北米で唯一の太平洋に直接流れ込む氷河を見るためです。そして、海岸に着陸!公園内には道路も何もありませんか ら、この海岸に立ったのは、このツアーに参加した人がほとんどでしょう。

そして、セスナはスキャグウェイへ…。同乗者を先に降ろしてからヘインズに戻ると言うことで、思いがけず、スキャグウェイの空からの眺めも楽しめました。




スキャグウェイで助手席(?)が空いたので、移動するか い?と聞かれ、Moeに移動してもらうことにしました(私は過去に苦い思い出が あるので、お断り…)そして、ヘインズまでの短い時間でしたが、助手席に座れてMoeは満足そうでした。

2時間のコースでしたが、スキャグウェイへの寄り道もあって、結局は2時間半近く…。なんだか、少し得した気がしたのでした(笑)

宿に戻った私たちは、すぐに夕食の準備をして、ビールで乾杯しながら、楽しかったフライト・シーイングを振り返ったのでした。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |