Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Vancouver

2日目 Vancouver〜Anchorage

3日目 Anchorage〜LittleSisutna

4日目 LittleSisutna〜Glennallen

5日目 Glennallen 〜 Valdez

6日目 Valdez 〜 Cordova

7日目 Cordova

8日目 Cordova

9日目 Cordova 〜 Seward

10日目 Seward

11日目 Seward 〜 Anchorage

12日目 Anchorage〜Abbotsford

13日目 Abbotsford 〜 Kamloops

14日目 Kamloops 〜 Vancouver

15日目 Vancouver〜Salmon arm

16日目 Salmon arm〜LakeLouise

17日目 Lake Louise

18日目 Lake Louise〜Blue River

19日目 Blue River〜Lillooet

20日目 Lillooet〜Vancouver

21〜22日目 Vancouver〜自宅

Travel Photo


旅の宿

Motorhome @

Motorhome A




13日目


さて、今日の目的地は、決まって いません。その都度決めながら…と言う感じです。まずは、朝食付きのモーテルだったので、朝食を済ませ出発です。

天気も良く、まずは近くにある滝、ブライダルベール滝からスタートです。滝までの道は森の中で、ひんやりした空気が気持ちいいです。ただ、クマだけはコワ イですけどね(笑)他にも人がいたので、大丈夫だとは思いますが…。

そして、東に向けて再び出発です。途中いい場所があったら、そこでゆっくり…と言うノリなので、適当です。


そして、しばらく走るとホープという町に到着。Moeによ ると、ランボーの撮影地らしいのですが、特に興味はなし。インソムニアには興味あって、ランボーにないのは、氷河などがあるかどうかでしょうね(笑)

偶然、見たことある風景に出会えればいいかな…?くらいの程度です。が、残念ながら、そういう風景にはお目にかかることはなかったです。

ホープで、少し早かったのですが、ここで昼食にします。この後、州立公園でトレッキングでも…と思っていたので、何も食べずに行ったら、空腹ですぐに引き 返すハメになりますから…よくあるんですよね…そういうこと(笑)




ホープから、マニング州立公園に向けて車を走らせると、 ホープスライドという文字が目に入ります。行ってみると、大きな山崩れの跡でした。40年以上も前に起きた山崩れなのですが、今も生々しくその跡が残って いました。3kmにも渡ってこの谷(道路も)を埋めたようです。そのまま残してあるところがすごいですよね。日本なら、すぐに保護工とかしちゃうんでしょ うけどね。

そして、さらに車を東へ走らせると、道路はマニング州立公園に…。トレイルを見つけ、歩こうかと思ったところで、激しい雨!まったく止みそうにもない。さ らに公園を奥へと進んでも、行く先の空は真っ暗…。ここは諦めて引き返すことにしました。


そして、ここでコンパクトデジカメが壊れるというハプニン グ!あ〜あ、あと2日残ってるのに…(泣)

仕方がないので、ホープにいったん戻り、そこからトランスカナダハイウェイR1を北へ行くことにしました。

途中、1926年に作られたという吊橋、アレクサンドラ橋を見学しに行きます。マイルポスト(ドライブ用ガイドブック)によると、まだ無傷で残っていると か…。駐車場から少し歩くと橋に到着。フレーザー川に架かる橋なのですが…コンクリートは完全に劣化してるし、どこが無傷なの?と聞きたくなるような感じ でした(笑)コンクリートに触るとボロボロ崩れてきて、指先でつぶせる感じでした。




さて、その次は、ヘルズゲートと言うところです。激しく観 光化されたところって、普段は行かないんですけど、なぜか今回は行ってみることに(笑)

フレーザー川が一番狭くなっているとのことで、その流れは、さすがにすごかったです。そして、ものすごい数のサーモンがココを遡上し、魚道も造ら れていました。(魚道が出来た理由はコチラに 書いてあります。)

トラムで、川のすぐ近くまで行ってみると、そこには土産物屋、レストランなどがあって、しっかり観光地でした。まあ、たまにはこんなのもいいか〜(笑)


さて、ちょっと途中遊びすぎたのと、天気が悪くなってきた せいもあって、キャッシュクリークという町に着いたときには暗くなりかけていました。ここで夕飯にして、泊まろうかと思っていたのですが、町に入ると、な んだか雰囲気がおかしいのです。

以前宿泊したときには、静かな町だったのですが、この日は至る所にクラッシックカー(?)が停まっていて、至る所からうるさいと感じるほどのエンジン音が 聞こえていたのです。とりあえず、レストランで夕飯だけ食べることにしてお店へ。すると、お店には、お祭り(イベント?)の張り紙が…。クラッシックカー が集まっているのはそのせいみたいでした。


うるさいのはイヤ!ということで、暗くなりかけてはいまし たが、Moeと、明日1日でバンクーバーまで帰れるかどうかも相談しながら、カムループスまで走ることにしました。一度は行ってみたかったんですもん (笑)えっ?別に何が見たいとか、何がしたいとかは特にないんですけどね(笑)

少し、天気が良くなってきたこともあって、真っ暗になる前にカムループスには到着することができました。そして、適当にモーテルを決めて、チェックイン。 宿では、日課になった写真整理とブログで日記を…。そして、明日のバンクーバーまでのルートを相談して寝るのでした。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |