Menu

Map

予約編 計画・予約

1日目 自宅〜Vancouver

2日目  Vancouver〜Hyder

3日目  Hyder

4日目  Hyder

5日目  Hyder

6日目  Hyde〜Vancouver

7日目  Vancouver〜SF

8日目  SF〜自宅

Travel Photo


旅の宿




3日目


フィッ シュクリークのボードウォークは朝6時から開いています。ということで、早起きしてフィッシュク リークへ向かいます。

早朝、夕方(晩)の動物目撃が多いので、とにかく急ぎます。5時過ぎに起床&6時にはフィッシュク リーク…のハズが、ボーッとしているうちに時間は過ぎ…少し遅刻です(笑)さすがに時差ボケもある し、昨晩は遅かったし…。

で、6時少し過ぎたところでフィッシュクリークに到着。三脚に取り付けた望遠レンズ&カメラを担い でボードウォークへ乗り込みます。ブルーラグーンのところでとりあえずカメラを設置。


今日はクマさん見られるかな〜? なんて考えるヒマもないくらいあっという間にグリズリー登場です!でも、あっという間に姿を隠して しまい、取れたのはブレブレのおしりだけ(笑)

さっきのクマさん、また来ないかな〜と思いつつ、ヒマなので小鳥を撮ってみたり、風景を撮ってみた り…。フィッシュクリークの東側はすぐ山になっているので、朝早い時間は日の光は当たりません。遠 くの景色に露出を合わせるとブルーラグーンは真っ暗(右写真)、ブルーラグーンに露出を合わせると 遠くの景色は真っ白(右写真オンマウス)。どんどん明るさが変わっていくので、カメラの設定変えた りして過ごします。




最初のクマさん登場から1時間も しないうちに、再び「ベアー!」の声です。急いでカメラを持って移動!今度こそ…という思いが、近 くで撮りたい!!という気持ちになり、ついつい近づいてしまいます。近づくと言っても、私たちは柵 で囲われたボードウォークの中にいますから限界はありますが…。

でも、近づきすぎました!ピントが近すぎて合いません(笑)ということで、少し遠ざかりつつ、いい 場所を探しながら、クマさんを眺めます。目線を観察しつつ、どこに向かいそうかな…?どこから撮る といいアングルになるかな?そんなことを考えながら先回りしたいのですが…


川でサーモンを捕まえるのかな? それとも、食べ残しでもあさるのかな?それとも、木になってる実を食べるのかな?クマの気持ち、知 りたいですね(笑)

1頭のクマに、ボードウォークにいる人達全員が振り回されます。クマが右に行けばみんなも右に…ク マが左に行けばみんなも左に…クマが川側に行けば人も川側に…クマがボードウォークの下に入ると人 は右往左往…どちらから出てくるのか、今か今かと登場を待ちます(笑)

結局、木になってる実を食べていたようで、川はウロウロするばかりで、サーモンを捕ることもなく、 下流の方に消えていきました。




もう今朝の部は終わりかな…?と 思っていると、再びクマさん登場!って結局、ずっと同じ子(グリズリー)ばかりでした。

3度目の登場でも、川の中でじっと水中を見つけていたので、「いよいよサーモンを食べる気になった か?」と思ったものの、あっという間に茂みに中に消えていきました。

3回もクマさんが登場してくれたので満足したら、お腹が減った!ということで、宿に戻り、朝食です (笑)朝から何も食べずにフィッシュクリークに数時間。お腹はペコペコです。


ささっと朝食を作り、いただきま す。ベーコンエッグ、ベビーリーフのサラダ、マカロニサラダとパンです。

朝食が終わったところで、お洗濯。洗濯の間に、ツイッターをしてみたり…サーモン氷河はどうしよう ね…と言いつつ、つい眠気に負けて私はベッドの中へ…起きたら乾燥まで終わっていて、ランチ用のサ ンドイッチまで完成していました(笑)

ということで、ランチです。ホントは天気も良かったし、サーモン氷河に…とMoeは思っていたよう なのですが、私が寝てしまったので、サンドイッチは明日用にして、簡単にスープとパンで済ませるこ とに…




昼食が終わると、今度はMoeがお昼寝に(笑)ということで、私は 宿の周りをウロウロ散歩してみたり、部屋の前にあるキャンプ場(宿泊している宿が経営)のピクニッ クテーブルに座ってボーッとしたりして過ごしました。

で、Moeが昼寝から起きたところで、夕食は何にする〜?とか明日、明後日の昼間は何する〜?とか 話しながら、のんびり過ごします。

本当は19時くらいからフィッシュクリークに…と思っていたのに、お昼ゴハンも少し遅くなったしと いうことで、ちょっと遅くなってしまいましたが、生ソーセージとサラダとパンで簡単に済ませること に。


19時過ぎた頃、フィッシュクリークに到着。2カ所ある駐車場の近 い方はいっぱい。仕方なく遠くの方へ…。遠くの駐車場もほとんど車で埋まっていたのですが、1台は 空いていたのでラッキー!と思いながら駐車後カメラの準備をしていると…

「ガサガサ」という音が背後から…全く気付く様子のないMoeに声をかけ、音のする方を注視してい ると…クマ登場です!私たち、駐車場にいます!!駐車場は柵で囲われてないんです!!!その距離 20mほどでしょうか?クマさんは私たちのことは気にすることなく、柵の入り口の方へ…。入り口近 くにはキャンピングカーが停まっているので、クマがどこに行ったのか見えませんでした。




少し待ってみましたが、待っている場所も決して安全なわけではない し、クマさんが出てきてもおかしくない場所なわけで…でも、クマさんが戻ってくる様子もないし…と いうことで、いざ柵の中へ…。

ホント、焦りました。おそらく、何もしなければ襲ってくることはないと思われますが、野生の動物で すから、絶対なんてことはないですしね…。

このクマさんは、川に向かったのですが、私たちがボードウォークに入ったときには既に姿はなく…残 念でした。多分、今朝と同じ子のようでした。


それから2時間近くボードウォークを行ったり来たりしながら待ちま したが…今朝からずっと見ている子も出てくることなく、そろそろ22時…終了の時間が近づいてきて いました。

もう、今日はムリかな…そろそろ帰りますか…ということで、カメラを担いで駐車場へ…。と、再びク マさん登場です!!今、帰ろうとしてた所だよ?!ってことで、カメラを構えるのですが、またまた近 すぎです!駐車場へ向かう途中のボードウォークは小さな小さな支流の脇に作られていて、距離がすご く近いんです。ということで、また少し離れたところまで行って…あらら…おしりばっかり(泣)




22時をほんの少し過ぎたところ で、クマさんは茂みの中へ…。ここが閉まる時間知ってるんじゃないの?ってくらいぴったり(笑) で、少し興奮気味の人間はそれぞれが車の中へ…。それぞれ帰って行くのでした。

それにしても、ホントにタイミングって大事だな〜って思った夜の部でした。

で、帰宅した私たちは、ビールを飲むために、少しつまみになるモノを出してきて…今日出会ったグリ ズリー(5回、1頭)に乾杯したのでした。



△ Top 

|   About Treasure   |   Profile   |   Information   |   About Link   |   Contact Us   |   Sitemap   |